スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1学期 試験後半終了

やっと、試験が終わったー。

理科の人は、8月31日~9月2日にかけて試験がありました。
これがない文科の人は、8月が過ぎた段階で、自動的に
夏休み→秋休みに切り替わるというわけです。
(正直8月~9月の休みって、まとめて夏休みって言っていいんじゃね?)

以下、試験についてやった順に。

数学ⅠB(植野)
G腸さんに、数学ⅠCとまで言われた植野さんの数学ⅠBでした。
授業も眠いことも相まって、ほぼ全ブッチしたのですが、
試験内容は一年生の初めなのかどうか分からないですが、
テイラー展開以外は目新しいことはなく、高校知識だけでも多分単位は来ます。

僕は、計算遅いので、全問は手がつけられませんでした。
tan(x)のテイラー展開も計算間違えたし・・・
良かもしれないなぁ~。


熱力学(好村)
途中から何言ってるのか分からなくて、授業は出たけど、聞いてないという
実質ブッチな流れだったので、試験対策のために自分で熱力学の本を読むことになりました。(下)
一応、何とか書いてある内容は頑張って理解したのですが、章末問題が結構むずい。

偏微分のオンパレードで、どう変形したらそうなるのかが中々分かりにくい。
例えば内部エネルギーUが、どういう関数なのか具体的には分からないけど、
その偏微分などは、マクスウェルの関係式などを利用することで、
他の偏微分との関係が導けるという、なんというか掴みどころがないような、いやぁ~な感じです。
どう式変形したら、これが導けるんだよ!みたいなのが多い。

で、試験では、偏微分を駆使するような問題は、途中で分けわからなくて、
完答できたのは、トムソンの原理、クラウジウスの原理、を用いて論証する問題だけでした。
そういえば、カルノーサイクルの熱効率を出す問題が出来なかったのは、悔やまれます。
高校範囲で十分解けるものなのに、俺が馬鹿すぎた・・・。

単純に小問数では、半分は解けてるはずなので、単位は来るとは思いますが・・・
可ですかね・・・。あ、だけど授業中のレポートとかの平常点でゲタつけてくれるはず(希望的観測)


熱力学熱力学
(1989/04)
三宅 哲

商品詳細を見る



数学Ⅱ(関口英子)
大学に入ってから初めて習うことになった線型代数。
授業中の板書は結構速く、手が疲れるのだが、字と内容の品質が良いので、
出来上がったノートを見れば十分な内容になる。結局、教科書を開いてないわ(下)
目新しいだからなのかどうか分かりませんが、簡単ではないけど、
内容は面白いと思う。(・・・あ、熱力学も初めてだったから、関係ねーか)
関数もベクトルとして考えられたりとか、「線型同型写像」とか「dimKerT」とか、
聞きなれない用語が使えるって、少し楽しいよね?(・・・え?)

試験の最後の問題は、ちょっとムズカッタなぁ・・・
5×5の行列Aが出されて、その余因子行列の階数を求めると。
問題読んでなくて、detA求めたけどね(←
出来は7~7.5割くらい?補正かけて優くれたらいいけど、良なんですかね。


線型代数入門 (基礎数学 (1))線型代数入門 (基礎数学 (1))
(1995/03)
齋藤 正彦

商品詳細を見る



生命科学(正井)
一限ということもあるし、何か喋り方がよく分からないこともあって、ほぼブッチでした。
ということで、生命科学の教科書を読んだわけですが、もともと生命には興味を持っていたので、
内容の流れを理解することはそんなに苦ではありませんでした。
内容は、DNA、RNAの仕組みや細胞の構造、そして生殖の仕組みという感じです。
(まぁ、高校で生物を履修範囲の内容を減らした感じでしょうか。)
代謝は、よく分かりませんでした。クエン酸回路とか解糖系とか。
図を見ても、何が何だかよく分からない。

流れを掴むのは、そんなに難しくはなかったのですが、
試験内容は正確な知識を問う問題が・・・。
特に、第三問では、三つずつ問題があり、それぞれについて、
その三つ全てが分からないと点がくれない方式。二つしか知らないと意味がない。

というわけで、出来は良くないかも・・・。単位はくれるよね・・・?


力学A(黒木)
大学なのでベクトルを使い始めるが、結構内容は高校範囲と被ってる。
(定数係数の)斉次微分方程式とか、コリオリと慣性モーメントとかが目新しいですかね。
コリオリと慣性モーメントは、高校のときに実はやったっちゃあやりましたけど。

試験内容は、とても簡単とは言わないけど、ほぼ授業で配ったプリントに乗ってる
問題からの出題だったので、事前にやった人にとっては楽ゲーだったと思われます。
ただ・・・、これは難しいから出ないだろ、と思ってよく読まなかった問題が出ました。
そいつに、唯一裏切られた感じです。

要約すると、こういう問題。
「質量mで位置rにある物体が、中心力F(r)=-c/r3を受けるとする。
このとき極座標(r,θ)で考えて、r(θ)の一般形を場合分けして求めよ。」
場合分けして答えてる途中で、時間切れ。

ほかは出来たと思うので、少なくとも優は来るはず。




あと、試験ではないですが、

数学ⅠA演習(牛腸)
逆評定で神と言われてるだけあって、ゆるさ抜群です。
試験のない必修の授業のなのに、授業中に点数を付けるために
演習することはおろか、出席すらとらない。

じゃあ、点数を付ける手段はレポートしかなくなるのですが、その内容は、
「微積の問題なら何でもいいから59問以上解いたノートを提出せよ」

うん、確かにゆるい。楽なのはいいんだけど、優3割規定があるんだよね。
優とるには、200問くらいは解かないとくれないとかって噂が。。。

僕には、そんなにやる気力がなかったので、約100問くらいにしました。
恐らく、79良なんでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHUN

Author:SHUN

アクセス数
最近の記事とコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
Vocaloid Ranking Watcher
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Evangelion
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人的 神曲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。