スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイロットェ…

日航:子会社の操縦士訓練生26人 事実上の内定取り消し

 経営再建中の日本航空(JAL)グループ会社、ジャルエクスプレス(JEX、本社・東京都、清水佳人社長)が、自社養成のパイロット訓練生として入社予定だった内定者26人に事実上の内定取り消しを言い渡していた。JEXは日航が破綻(はたん)した今年1月以降も「採用方針に変わりはない」などと内定者側に説明しており、突然の“手のひら返し”。JEXの経営見通しの甘さが問われそうだ。

 関係者によると、26人は昨年9月までに内定した大学卒業者で、10月の内定式にも出席。10年8月以降の入社予定と説明を受けていた。今年1月の日航経営破綻後も、JEXは「入社時期が10年12月か11年3月にずれ込む」と説明し、「厳しい状況での門出となるが、ぜひ入社してほしい」などと記載した書面を配り、4月1日のJALグループ合同入社式に出席させていた。

 雲行きが怪しくなったのは、日航がパイロット訓練生約280人の養成を中断し、地上職への転換を決めた直後の7月上旬。羽田空港で臨時説明会があり、JEXの人事担当者が「訓練生として迎えることができないかもしれない」と初めて説明した。

 8月中旬に清水社長ら取締役も出席した2回目の説明会があり、「訓練生として入社していただく結論には至らなかった。グループ会社の地上職として入ることも相当厳しい」と事実上の内定取り消しを言い渡した。その際、JEX側は人材派遣会社を活用した「転身プログラム」や、転職のための「一定額の支援金」支給を検討している点も説明。参加した内定者は「プログラムを活用する場合、内定辞退とみなすとの説明もあった」と話している。

 取材に対し、JEX総務部は「グループが経営再建中で、事業規模が縮小する中、訓練生として入社することが非常に厳しい現状を説明しただけ。内定を取り消した事実はない」と説明。支援金などについては「コメントできない。今後も説明会を開き、誠意を持って対応する」と答えた。JEX側は内定者への説明でも同様にあいまいな表現を繰り返しており、内定者からは「取り消しなら、明言してほしい」と不満の声が出ている。

 職業安定法は、企業が年度内に10人以上の採用内定を取り消した場合などは、事業所名を公表したり、行政指導を行うと規定している。【近松仁太郎】

http://mainichi.jp/life/job/news/20100905k0000m040101000c.html



俺としては、かなりのショッキングなニュース…。

卒業後の突然の内定取り消しなんて、もちろん論外だけど、
「パイロット訓練生→地上職」と事実上の降格を余儀なくされた人たちも可哀想で仕方ない。
パイロットが夢で入社したのに、その夢を断念せざるを得ず、一転してデスクワークとは…。
ただのデスクワークだったら、彼らにとって航空会社に入社する意義はほとんどないと思う。

JALの屑野郎!!氏ね!!!
(倒産の危機を免れるためであるのは理解するが、こう言わざるを得ない。)


ANAは、健常でいてくれよ…。頼みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHUN

Author:SHUN

アクセス数
最近の記事とコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
Vocaloid Ranking Watcher
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Evangelion
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人的 神曲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。