スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の財政の勉強

以前から日本の借金や年金がどうなっているかについて気になっていた。借金については「このままでは財政破たんする」「国民から借りているだけだから大丈夫」、年金についても「給付水準は落ちるかもしれないが維持できる」「絶対に無理だ」と両極端なご意見を、経済学者なりジャーナリストが言ってくれるので結局どっちなのかよく分からない。というわけで自習して自分なりに意見を出してみることにする。基本的には公式な資料をたたき台として、pros/consのそれぞれの意見を見ていきたい。

なお管理人は理系大学院生であり、経済学はおろか高校の政経ですら履修していない人間なので間違えが発生する可能性は大いにあるのであったら指摘してほしい。

まず、そもそも日本の財政はいまどうなっているのだろうか。

まず一般会計予算だが、1000億の桁を四捨五入すると

【一般会計歳出総額】97兆円
社会保障 32兆円
地方交付税交付金 15兆
公共事業 6兆円
文教及び科学振興 5兆円
防衛 5兆円
その他 9兆円
国債費(債務償還費) 14兆円
国債費(利払い費等) 10兆円

【一般会計歳入総額】 97兆円
所得税 18兆円
法人税 12兆円
消費税 17兆円
その他1 10兆円
その他2 5兆
建設公債 6超
特例公債 28超

日本の財政関係資料(平成28年)より

という感じになっている。ただ、これは一般会計であって特別会計は含まれない。よく分からんけどなぜか一般と特別の二種類の予算があるので、これの合計(正確には「純計」)を見ると以下のようになる。

【歳入純計】 240兆円
租税及び印紙収入 58兆円
保険料及び再保険料収入 41兆円
資金等より受け入れ 20兆円
利子等収入 4兆円
その他 17兆円
公債金及び借入金 99兆円

【歳出純計】 238兆円
社会保障関係費 83兆円
地方交付税交付金等 19兆円
公共事業 7兆円
文教科振費 6兆円
防衛費 5兆円
その他1 15兆円
その他2 13兆円
国債費 90兆円

国の財政規模の見方について(平成27年度)より

非常にざっくりと見ると、国の収入の半分は借金・残り半分を税金と保険料が占めているという感じ。対して支出は、半分が借金返済、もう半分が社会保障費って感じ。

ちなみに公務員に払うお金はこのうち約26兆円くらい(公務員人件費(平成27年度)より)なので、支出の1割くらい?

どちらで見ても、収入における借金が支出における返済と比べて10兆円くらい大きい。国の借金の完済の目途がなかなか立って無さそうだ。もし仮にいま借金を棒引きなり踏み倒せたと仮定しても、この10兆円の差をどこかで吸収しないといけない。もし歳出は削りたくなくて、歳入側の消費税増税で賄うとすれば、8%で17兆円ということは単純計算で消費税13%は必要になりそうだ。(消費が減らなければの話だが。)

将来の見通しはもっと悪そうだ。高齢化が進むことにより、社会保障費は一般会計ベースで毎年5兆円(日本の財政関係資料(平成28年)より)増えるようだ。また今は借金の利子は超低金利(最近はマイナス金利にまでなっている)のおかげで一般会計ベースで8兆円だが、もし信用力が低下すると急増することになりかねない。

(まだ工事中)
スポンサーサイト
プロフィール

SHUN

Author:SHUN

アクセス数
最近の記事とコメント
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
Vocaloid Ranking Watcher
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Evangelion
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人的 神曲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。