スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルシェンコ「彼女は四回転を飛んだのか!?」

お久しぶりです。
前期日程も終了しました。受験した方々はお疲れ様です。
まぁ、といっても後期が残ってますから、まだ勉強する人もいるでしょう。


またまた思いつきの適当な問題です。
間違いを見つけた方は、ご指摘お願いします。

【物理】
起電力Eの直流電源に抵抗(抵抗値R)とコンデンサー(静電容量C)及びスイッチを
直列に繋いだ電気回路があり、初期状態ではスイッチは開き、コンデンサーに貯まった電荷は0である。
スイッチを閉じてから、時間tが経過したところでコンデンサーに貯まった電荷が一定であると見なせるようになった。
ここで時間tは、この回路における時定数の4倍であるとする。

ここにおける時定数とは、スイッチを閉じた瞬間の電流を維持したと仮定した場合に、
実際にコンデンサーに貯まった電荷を運ぶのに要する時間である。

このとき、スイッチを閉じてから時間tが経過するまでの、電流の二乗平均平方根√<I2>は、
電流の平均<I>の何倍となるか、根拠・計算過程も添えて、答えなさい。

スポンサーサイト

続きを読む

「ポチオク」から学ぶ搾取学

先日ポチオクという超激安(に見える)サイトを見つけた。
ポチオク

いやぁ、たしかに見た目はすんごい安い。ヤバイだろこれ。
タダな物ほど怖いものはない。という諺をご存じだろう。
(まあ、今回はタダに近いという意味だが)

さて、まずあなたがツッコムべき点は何か。
というか、まず最初の見た目で気づくべき点である。

なんか、商品少なくないか?
右下の「もっとみる」を見ても、あまり商品が増えない。

では、商品のページに飛んでみよう。


…出品者の名前がない?

どうやら、普通のオークションサイトとは違い、
このオークションサイトの管理者だけが出品できるようだ。

もう、この時点で違和感があるのだが、そこはまだ問題ではない。
では、いよいよ、その利用形態について見てみよう。


以下は、ポチオクご利用ガイドというご親切なガイドを要約したものである。

①入札は、一回につきコイン一枚が必要で、一回につき1円~15円価格が釣り上がる。(商品によって、変わる。)
②コインは、一枚75円単位で、同じく当オークションで購入出来る。(こちらはコインは必要なく、普通に購入)
③落札者(一番最後に入札した人)は、落札価格での購入の権利を得る
④コインの返金や、入札に使ったコインの返還はもちろんできない。
⑤入札一回ごとに20秒加算される。

よ~く、ポチオクのページも合わせてみて、考えていただきたい。
これ、ある意味すごいシステムでしょ?












つまりですよ、コインというやらが、一枚で75円もするわけですよ。これを買いますよね?
で、あなたはある商品にチャリーンと入札したとします。まぁ、そうすると大抵の場合は、
他の人もそれに競って、さらに上乗せで入札してきますよね?
「何このクソ!」という感じで、さらにコイン一枚(75円)を消費する。
…で、最終的に一人以外が全員GiveUPしたところで試合終了。

これ、完全にゲーセンの感覚ですわ。(しかも極悪版
だって、一人しか落札できないんですよ?
他の人は、いままでのコインを浪費しただけという構図になる。
何が何でも、俺が落札してやると、皆やっきになって争うでしょう。
醜く争えば争うほど、笑うのは出品者様です。
だって、入札してくれるだけで、お金が入るんですから。
(ってか、正直落札価格自体はどうでもいい金額)

まぁ、頭脳戦とも言えますけど…、確率はかなり低い。
いかに他の人に、コインを浪費させて、いかに一番最後のところを、
見極めて自分が入札するか…ってことです。

たとえば、落札価格2223円と表示されている商品があったとしましょう。
で、これが更に「1コインあたり1円」商品だったとしましょう。
つまりこれは、参加者が合計で2223コインを費やしたと言う意味です。
合計で既に16万6725円が支払われていると言うことです。(入札手数料として)
まあ、更に落札価格2223円が出品者に入りますが、そこはもはやどうでもいい金額です。
落札者は、2223円で購入できますが、そこまでに果たしたコインの量が問題です。

これで、なんで出品数が少ないかも分かったでしょう。
競争を集中させるためです。

いやぁ、馬鹿は金を浪費し、頭のいい奴(ポチオク経営者)はぼろ儲けする。



俺もやってみてぇな、本当にボロい商売だわ



【書き足し】
その後、みんオクやらサルオクやらパワオクやらヤスオクやらユメオクやらなんやらと似たようなオークションサイトが
あるのが分かってきたのだが、調べているうちにこれには元祖があると言うことが分かった。

その名は、Swoopoというオークションサイト。
このシステムは、ペニーオークションと呼ぶそうです。(入札一回あたり1ペニーってこと。)
…で、原因が何かは不明だが、このシステムが流出したそうで、これをSwoopo Cloneよ呼ぶそうです。

ここ半年あたりで、日本にもその情報が飛んできて、今度はこの流出したシステムを日本語化、
販売しようとしている人たちも出てきたりとしている。また、それ以前にこれを真似て自力で作った人も
いるようで、こういう美味い儲け話に集まっている人達がいるようです。

しかし、このオークション形態は果たしていつまで続くのか?
同じようなシステムを色んな人達が導入していくと、自ずと需要量が不足するはず。
別にこういうオークションサイトは、「早い方が有利」っていうわけではありません。
ユーザー側としては、より人気のないオークションサイトのほうが安上がりだからです。
そう考えていくと、同じユーザー数を仮定すれば、オークションサイト数に反比例して
入札価格の総計は下がっていくと思われるのですが…

今月の学コンは締め切り過ぎてました。

東工大後期の過去問は、赤本のを買ったのですが、所詮三年分しかなく、
一ヶ月持つ気がしなかったので、何か一ヶ月で解き尽くす的な問題集がほしくなり、
新たに「大学への数学2月号」「新・物理入門問題演習」を買いました。(この時期に新たに買うのは死亡フラグ!?)

大数の月刊を買ったのは初めてです。
調子載って、学コンを提出しようと思ったのですが、
早速第二問のしょっぱなで手が止まってます。
図形苦手です…。

物理の方は、一瞬、難系と迷ったのですが、難系は問題数が半端ないことが
分かったので、物理入門の姉妹書である方を買いました。
物理は塾任せだったので、問題集を買ったのは初めて(実は難系は誰かにあげた)

化学も何か買おうかなぁと(具体的には、理系100選or新演習)思ったのですが、
どちらも一ヶ月でやるには量的に多いし、標問精講の出来なかった部分をもう一度
復習して、解いてなかった重要問題集の残りを解いたほうがいいかなぁ
と思ったので、やめました。

あとは、英語をどうするか…。
単語だけやってればいいかな。


なんか、余裕な書き方ですけど、もちろん後期に合格する自信は全然ありません。
なんせ、倍率が倍率ですし、前期で落ちたやつが必死で挑んでくるからなぁ。
対して、俺はやる気があんまりない。

足切り

足切り喰らったーーーーーーーー!!!
|←樹海|     ┗(^o^ )┓三

文一 613
文二 696
文三 717

理一 705   (←693で特攻)
理二 649
理三 676


理二の低さも凄いけど、文一の驚きの低さ。
まあ、理一だけ募集人数多いから一概に難易度については言えないけどね。


…まぁ、取りあえず今後どうするかは、東工大の後期受けてから決めます。
後期まで落ちてたり…、いやさすがにそんなことはw
【追記 2/11】 さすがに、後期は足切りされてませんでした…。
それにしても、東工大の後期でも、類によっては足切りないんですね。

続きを読む

二体運動

最近嬉しかったことは、弱酸のpHを自力で計算できるようになったことです。
緩衝溶液のpHは、レベルが高すぎるので、一週間後の自分に託します。

CFV21
理工系大学受験用のページ。過去問の解説とかある。
添削もやってるみたいで、かなり安い。(一ヶ月1000円!?)
大数関連の書籍も一部書いているらしく、信頼は出来そう。



今日は、2006年度の東大物理を解きましたが、しょっぱなで手が止まりました。
二質点の相対運動(惑星と恒星)で、これは伴星の映像とかを見た覚えがあったので、
どちらも等速円運動をしていたとしたら、惑星と恒星の間に、それぞれの円運動の
中心点が重なってあるのだろうというのは直感で処理しました。

その後なのですが、円運動の中心点から、恒星、惑星のそれぞれまでの距離の比が、
惑星の質量:恒星の質量という関係になっていることに核心が持てず、どうやったら
求められるのだろうと呆けていました。はい、まだまだ相対運動を理解出来ていません。

…というわけで、二体運動に関する自分なりのまとめを書きました。
「俺も二体運動苦手」という方も是非ご覧ください。(自信満々でサーセンw)
ただし、重心系に関する記述は、時間が足りなかったので、後日付け加えるかもしれません。
【追記】 少しだけ、書き足しました。一応これで完成?

nitaiundo11.png


つまり、二体運動は、二物体の質量と位置の4つの物理量の代わりに、
重心位置・相対位置・総質量・換算質量の4つに書き直すことで解が求められると言うことです。

続きを読む

え、五年分じゃあ少なすぎなの!?

【問題 10分】
中国のウルムチから、北京経由でフィリピンのマニラまで海外旅行にいった夫婦がいる。
そこで、夫婦はマニラに到着したとき、出発地の時刻にしてあった時計を、現地時刻に
合わせようとした。どれくらい針を、進めるもしくは戻せばよいか?

ただし、便宜的にウルムチは東経90°、マニラは東経120°とする。
飛行機が飛んだ総時間(北京での経由時間を含む)は、丁度8時間とする。
他の情報が必要ならば、適宜参考書を用いても構わない。



東大化学を解いていて最近漸く分かってきたことがある。
最初の第一問や第二問の一部が時間がかかる(自分にとっての)囮用問題だったということだ。
過去問をほとんど解かない人は、実力があったとしても、まず第一問で計算の茨に
嵌ってしまうということだ。(まあ、実際には俺くらい計算力が糞でなければ良い話だがw)
一番やりやすいのが第三問の構造決定。やることはほとんど決まっているから、堅く点を取りたい。

計算問題が本当に時間がかかる。ぶっちゃけ数学の大問一個より計算量が多いことはよくある。
物理みたいに文字でおいてくれればいいものを、わざわざ数値計算させるとこが憎い。
たとえ、有効数字が全て二桁の計算だとしてもあなどれない。数回かけて、割り算を実行すると
なると、計算に関わる桁数はかなり大きい。

有効数字を毎回考慮して適宜桁数を減らしながら計算していく手法があるが、これが中々うまくいかない。
「有効数字+1桁分を残して毎回さっぴけば、最終的な結果は変わらない」と独断的に、オレ流の手法を(実は一般的手法らしい)
実行したことがあるのだが、大抵の場合、最後の一桁が微妙に違うという苛立ちを覚えるのだ。
というか、学校で有効数字についてはならったものの、複数回の計算を跨ぐ場合、途中において
どうやって上手く桁数を差っ引けばいいのかという実践的なことを習ったことはない。

「2桁の数字に関してn回かけ算をして、それをm回かけ算したもので割る場合に、
それぞれのかけ算で最低限残すべき桁数はいくらか。有効数字は2桁とする。」
といった入試問題に出会ったこともないのだから、恐らくどうすればいいかなど誰も知らないのだろう。(と断言)
そこで、私は以下の二つの方法を提案することにした。

①途中計算で絶対に桁数を差っ引かず、最後の最後で有効数字まで四捨五入する。
②有効数字+1桁で毎回桁数を差っ引き、最終的な計算結果は、多少の誤差はあるだろうと許容する。

いうまでもなく、①が茨の道だが確実に点を取れ、②が楽でまあ恐らく点はくれるだろうというものだ。
だいたい計算があってれば点数はくれると思うのだが。
…ってか、全然解決案になってませんが、そこはつっこまないで(笑)


また、重要問題集でときどき眼にするのだが、たとえば水素の原子量を H…1.0[g/mol]
と書いてあり、その後に例えば 0.100mol/Lの塩酸を… とか書いてる場合に苛立ちを覚える。
厳密に言えば、最初の水素の原子量は有効数字二桁なのだから、これが絡む計算問題なら、
最終的な結果はやはり有効数字が二桁とならざるを得ない。しかし、実際には解答は有効数字三桁だ。
中途半端に有効数字二桁とかマジでやめてほしい。ってか、なんでわざわざ後ろに有効数字用の0
を書き足しているくせに二桁にとどめるのか意味不明だ。
【追記 少々語弊があった。「ならざるを得ない」というのは問題文による。たとえば、これを他の原子量と
足し算したあとに乗算などを実行すれば有効数字3桁であるが、水素(単体)などに関する物理量を求める
場合は、有効数字二桁のままで乗算を実行する場合があるので、どうしても有効数字二桁止まりになる。】

こういう問題に出会ったとき、問題作成者が大学教授かと思うと、やるせない。
実際の研究室では、ここまで気にかけることはないだろうけど、計算問題として出題
しているんだから細心の注意を払って欲しいところだ。

そして、こんな些細なことを記事にしている暇があるなら、勉強しろと自分に言い聞かせたい。

続きを読む

10日かぁ…

問題 【3分 解答は「続きを読む」で。】

AさんはP地点まで旅行しようと考えている。しかし、P地点までの道のりで、
お昼頃にとても渋滞する場所があるため、出発時刻別の所要時間を調べた。
以下が、その表であるが、明らかにおかしい点がひとつある。それは何か?

(出発時刻)…(所要時間)
10:00…1時間45分
11:00…2時間15分
12:00…3時間30分
13:00…4時間
14:00…3時間30分
15:00…2時間15分
16:00…1時間45分



あ~、とうとう願書必着日が来ましたね。

東京大学 3日17:00
文科一類 401人 1257人 3.13倍
文科二類 353人 1140人3.23倍
文科三類 469人 1528人 3.26倍
理科一類 1108人 3032人 2.74倍
理科二類 532人 1952人 3.67倍
理科三類 100人 499人 4.99倍

ただし2日消印有効だったり、この結果がまだ午後5時のものなので、
もう少し人数が増える可能性はあります。


理一は、微増って程度でしょうか。(去年2916→今年(暫定)3032)
う~~~~ん、足きりどうなるんでしょう…。
すごい気になります。


こんな話、センターで糞みたいな点数を取らなければ、
する予定は全くなかったので、余りにも自分が情けないです(笑)

続きを読む

少しおかしな病院 / 願書

最近、見つけた面白い病院があります。正確には、その病院のHPが面白い。
ゆうメンタルクリニック

なんか普通の病院のHPじゃない、自由な感じが見て取れますが、
このHPの真価は、右側にある「マンガで分かる心療内科」という漫画欄です。

ナースのボケと心理士のツッコミで分かりやすく精神病を説明していますが…
大丈夫か、こんなフリーダムな感じでw
(内容は意外に面白いので十分読んで楽しめます。)

ちなみに、漫画を監修した人は、もちろんここの病院の医師ですが、
東大医学部卒だそうです。変わっている人はどこにでもいるってことですね!

【追記】
この医師個人のページを見つけましたので。
心理学ステーション
なかなか書いてあることが、一般的な医者のイメージからはぶっとんでますw

続きを読む

プロフィール

SHUN

Author:SHUN

アクセス数
最近の記事とコメント
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
Vocaloid Ranking Watcher
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Evangelion
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人的 神曲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。