スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりだな

いやー、全然更新してないですね。

更新しなくなったのは、大学での主な出来事がサークルでのことだからです。
サークルの人には、あまりこのブログの存在を知ってほしくないので、なかなか書けないんですよね~。
このブログで、僕の一面を知られたくないというか(笑)

ということで普段はフェイスブックとかで活動してます。
自分ではあんま記事書かなくて、他の人のにイイネするだけだけど。


だけどボカロの話はフェイスブックではできないんで、ここでやらざるを得ないんですよねー(笑)
スポンサーサイト

続きを読む

Unformed

「Unformed」(初回版)が届きました。
あれ?明日が発売日だけど?

まあ、そこはAmazon様ですね。
DSを予約したときも、発売日の前の日に届いたし。

PICT0381.jpg
PICT0382.jpg

ミクのバラード曲で有名なdoriko氏の初アルバムです。
初回版の特徴として、
・ケースに色が付いてる。(オレンジ?)
・レーベル(CD)はオールカラープリント
・ブックレットの紙がなんか良い。
・ジャケットの絵が通常版と違う。

内容は、Amazonに書いてある曲を参照してください。
それまでに発売されていたシングルとは違い、
新音源でリマスターした新鮮な音です。

細かい違いとして、「ぶちぬけ!2008!」という曲があるんですが、
年も変わったと言うことで、曲名が「ぶちぬけ!2009!」に変更されてます。

ただ、載っていなく、ボーナストラックとして一曲入ってました。
「さいたま・さいた」・・・なんじゃそりゃw

続きを読む

3DPV・その2

【Tripshots②】


Tripshots氏による新たなモデル
前回は4.5頭身というデフォルメ体型であったが、
今回は6頭身と現実よりの体型となった。
頭身が変わっただけではなく、モデル成形の技術がさらに高くなっていて、
またコスチュームなどの質感もかなりすごいことになっている。

前作のモデルはそこまで好きではなかったが、今回はかなり
気に入ったモデル。かわいらしさを追求した他のモデルとは違い、
こっちはクールさが表に出ている。
PVでのミクのクールがとってもかっこよくて好印象。

3D初音ミク・まとめ(適宜更新?)



キオ式ミク・・・ではない!
ん~、この3Dミクも味があって良いですね。
一言に3Dミクって行っても数は多数です。

ということで、今回は3Dミク(ニコニコ動画公開)で知っているものを上げたいと思います。
記事を書いたのちに追加する場合もあります。(その場合はその旨も書き足します。)

【雫組】

恐らく、自分が一番最初に視聴した、「3Dミクが歌を歌う」動画。
当時は、「ニコニコ動画利用者でこんなハイクオリティな動画を作れる奴がいたのか!」
と結構なショックを受けた。HP雫組から分かるように、このモデルの精巧さ、滑らかに動ける
技術は、実は「エロゲー」制作から来たもの。才能の無駄遣いにも程がありますよ・・・
モデル講評・・・よく動く。かわいい。欠点がない。

【キオ】

実は、雫組の動画投稿の二十日前に、また精巧なモデルによる動画が上がっていた。
いわゆる「キオ式ミク」だ。多分、一番有名なのはussyPによるmelody3DPVであろう。
どういうことかというと、キオ式ミクはkio氏が制作したものだが、一般公開されている。
そのために、キオ式ミクのファン達は自由にPVを作ることが出来るため、動画投稿数も多い。
モデル講評・・・微妙な表情も表現可能で、悲しい・静かな曲との相性がよい。
しかし、ソフトの関係上なのか、動きがカクカクしてしまうのがおしい。


【Gibson】

「初音ミク3D化計画 」のタグでは一番古い時期から、アップされていたモデル。
ただし、あんまり有名ではない。
モデル講評・・・好みではないなぁ・・・

【ISAO】

有名な3Dミク。ただし、雫組と同じく配布していないため動画少なし。
モデル講評・・・ぽよぽよしてて、かわいい。

【puni-ko】

感動的なメロディーで有名な「ハジメテノオト」を用いてPVが作られた
ことで有名となった。というより、この動画しかないみたいだが。
モデル講評・・・頭身が(笑)。あと、顔が平面的で斜めから写したときは
少々残念な見え方になってしまう・・・。動画の演出は良いと思うんだけど。


【くるくる】

くるくる堂によるモデル。↑デスクトップにおけるガジェット的なモデルを作成したが、(コレ
それを動画にしたもの
モデル講評・・・二頭身だが、バランスはいい。

【gragra】

グッドスマイルカンパニーより発売されていた「ねんどろいど ミク」(→コレ
をモデルとして、作成したもの。あまりに似すぎていたために、グッドスマイルカンパニー
の社長がこの人にコンタクトを取ろうと、ニコ動の時報を使ったのは有名。
モデル講評・・・ねんどろいどに似すぎw、動画制作も秀逸。

【ねぎみくさん(@双葉)】

二次キャラの「はちゅねミク」モデルでは恐らく一番有名なもの。動画制作は、
別の人によるものだがこの動画で恐らく「はちゅねミク」の行動・性格をある
程度決めたといっても過言ではない。
モデル講評・・・まあモデル対象が対象だけあって、講評の意味はないかとw

【Tripshots】

通称「トリミク」と呼ばれているらしい。
モデル講評・・・特に眼が個性的。かわいい系ではないが、良いと思いますよ。ハイ

【ケアル】

厳密に言えば、オリジナルモデルではなく、らぶデス2(→コレR-18)というエロゲーの
モデルを改造したことによって作られた二次モデル。初音ミクに限らず、東方キャラも
よくこのらぶデスによるモデルの改造で作られたものが知られている。
モデル講評・・・さすが、エロゲー起源だけあってロリです。動きも、どうやら
らぶデスのゲーム内における仕草しか使えないみたなので、汎用性はなさそう。


【アノマロP①】

歌う動画を探したが見つからなかったため、恐らくこの「ミクリローデッド」を
制作するのを目的として作られたミク。まあ要するに、「ミク関係ねーじゃん」
モデル講評・・・ふとましい。ネオを動画後ろに隠さなきゃいけないという条件も
あったために、細くすることが出来なかったのか?


【アノマロP②】

さきほどのモデル制作者であるアノマロPが、今度は曲を歌わせるモデルを目指して
作られたモデル。この人のPCスペックが低すぎるために、動画制作がなかなか
はかどらないことから、一般配布されているそうだ。
モデル講評・・・こ、これは!がちがちのロリータです。本当にありがt(ry
というより、ミクリローデッドのモデル制作者とこれの制作者が同じだということが信じられない。


【触覚P】

あまり有名ではないが、気になったので載せました。
モデル講評・・・触覚(アホ毛二本)が特徴。モデルも結構良いのに、あまり有名ではない・・・

【apras】動画R-15注意↓

わざとではなく、綺麗に動いている動画がこれしかなかったからw
物理エンジン(髪の垂れ方とかの計算)にPhysXを用いたらしい。
正直、胸をゆらすために作ったのではないかと思うんだが・・・
モデル講評・・・あれ?眼はどうなのかなぁ・・・取り敢えずうp主は変態

【Fakefar①】

はとぅねベンチというミクモデルを増やしまくって、PCに負荷を
かけてみるベンチマークをこれで制作し販売した。(→コレ
モデル講評・・・モデル制作に幼さが感じされる。ふとましいが、良い意味で個性的。

【Fakefar②】

アイマスのDo-daiに合わせて踊らすことを目的にFakefarが新しく制作したモデル。
最終的には製品化することからも分かるように、アイマスの動きに精密に合わせてある。
しかし、アノマロPと同様に、モデル制作の技術は①よりもかなり上がっている。
モデル講評・・・アイマスのキャラとして発売されてもおかしくないレベル。

【MikuMikuDance】

モデル制作や、動画制作にあまり詳しくない人でも3DPVを作れるようにしようと
樋口M氏が制作したモデル。モデルを動かすソフトと合わせて配布中→コレ
かなりの汎用性があり、3DモデルPVの量としては、これが抜きんでて多い。
モデル講評・・・その汎用性からか、かくかくと動く動画が多い。
もう少し、かわいらしいモデルが作れるのではないかと思うんだが・・・。





・・・と、ざっと有名ものはここらへんかな。
しかし、(製品化しているものはおいといて)利益はないのに、
ただ趣味のためにここまで出来るってすごいですよね・・・。


2009/1/17追加

【ISAO②】

一年ぶりにソクテンPによる動画が出たので知りました。
モデル講評・・・前回のモデルに鼻の穴が追加された。通常、美少女系の
アニメなどは鼻の穴を描くとブサイクに見えてしまうが、こっちは意外と
自然に見える。また、歯も追加されたみたいだ。あとは、前回と同じかな?

「歌に形はないけれど」CD購入

PICT0060.jpg

良い曲だなぁと思っていたので、買おうと思いました。
最初、Amazonで見たのですが、レビューによると、本家で使われている
初音ミクのイラストが、初回版のジャケットでは採用されているらしかったので、
ヤフオクで探したところ実際にありました。ってことで、オクで買いました。

現在、Amazonで売られているのは、その後の、ジャケットが
手のイラストになっているものです。レビュアーの一人によれば、
今のほうが音質が悪くなっているらしいですが、さすがに
CDの内容が変わっているとは思えないですけどね・・・(;´∀`)

ちなみに、CDのレーベルはピンク単色でしたので、写真はないです。
プロフィール

SHUN

Author:SHUN

アクセス数
最近の記事とコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
Vocaloid Ranking Watcher
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Evangelion
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人的 神曲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。